ワクチン未接種職員を大量停職 米南部、拒否なら解雇も

 
 ヒューストン・メソジスト病院=9日、米テキサス州ヒューストン(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】米南部テキサス州ヒューストンを拠点とする病院グループ「ヒューストン・メソジスト」は9日までに、新型コロナウイルスワクチンの接種を完了していない職員178人を停職処分にしたと明らかにした。米メディアが伝えた。

 全米有数の病院グループで、ワクチン未接種を理由に大量処分が明るみに出たのは初めてとみられる。停職後2週間以内に接種を完了しなければ解雇する。

 同病院は職員のワクチン接種100%の目標を掲げて接種を義務化。宗教や妊娠を理由に接種を受けていない約600人と、今回停職処分の178人を除き、約2万5千人のほとんどが接種を終えたという。