首相、東芝報告書を否定 「全く承知していない」

 

 菅義偉首相は10日、東芝の車谷暢昭前社長が在任中、昨年7月の株主総会の対処方針を巡り、当時官房長官だった首相に説明したと推認されるとする弁護士の調査報告書に関し「全く承知してない。そのようなことはあり得ません」と否定した。官邸で記者団の質問に答えた。

 記者団から「記憶にないのか」と再度問われ「今、申し上げた通りです」と語った。

 車谷氏は首相への説明を否定したが、報告書は「信用することができない」とした。