東京で1410人感染、2人死亡

 
 東京都庁舎(手前中央)。奥は国立競技場

 東京都は17日、新型コロナウイルスの感染者が新たに1410人報告され、2人が死亡したと発表した。4日連続の千人台で、15日の1308人をさらに上回った。直近7日間を平均した1日当たりの新規感染者数は1012人となり、前週比は140・5%。

 都内は12日から8月22日まで4度目となる緊急事態宣言の期間中。今月23日の東京五輪開幕を前に感染者の増加傾向が深刻化している。