小山田さん辞任、楽曲変更

 
 小山田圭吾さん

 東京五輪開会式で楽曲制作担当の一人だったミュージシャンの小山田圭吾さんが19日、引責辞任した。大会組織委員会が同日夜、発表した。過去に雑誌のインタビューで学生時代のいじめについて告白し、批判を浴びていた。自身のツイッターで「さまざまな方への配慮に欠けていた」と謝罪。本人の申し出を受け、組織委が受理した。

 小山田さんが手掛けた開会式冒頭の約4分間の楽曲は使用しない。その分をどうするかは早急に検討する。組織委は、パラリンピックの開会式の担当についても、小山田さんを交代させることを明らかにした。

 本番が4日後に迫った目玉式典の主要メンバーが不在となった。