NY株、一時800ドル超安

 
 ニューヨークのウォール街=19日(UPI=共同)

 【ニューヨーク共同】週明け19日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は大幅続落して始まり、前週末終値と比べた下げ幅が一時800ドルを超え、3万4000ドルの節目を割り込んだ。6月下旬以来、約1カ月ぶりの安値水準。

 新型コロナウイルスの中でも感染力が強い「デルタ株」の流行で世界経済の回復が遅れるとの懸念が強まり、売り注文が膨らんだ。日本や欧州から株安が連鎖した。

 午前10時現在、前週末比676・17ドル安の3万4011・68ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数も大幅続落し、152・67ポイント安の1万4274・57。