二階氏、世襲問題視せず 衆院選「人物本位で決定」

 
 自民党の二階俊博幹事長

 自民党の二階俊博幹事長は20日の記者会見で、次期衆院選の候補者選定を巡り、選挙地盤を親族から引き継ぐ「世襲」が相次いでいることについて、問題視しない考えを示した。「名前が売れており条件が良いということもあるだろうが、人物が良いかどうかで最終決定している。世襲だから良い、世襲だから悪いということはない」と述べた。

 世耕弘成参院幹事長も会見で「厳格な選考手続きで選ばれた方がたまたま前職の親族だったということだ」と指摘。「候補者の職歴や知見をしっかりチェックした上で、選挙に勝てる候補を選んでいるということに尽きる」と語った。