ゴリラの生息地、9割消失も 温暖化や土地開発、今後30年で

 
 ルワンダの火山国立公園のゴリラ(撮影・中野智明、共同)

 【ナイロビ共同】アフリカ大陸の熱帯雨林に住むゴリラなどの大型類人猿が、地球温暖化や土地開発など人間の経済活動の影響で、今後30年間で生息地の9割以上を失う恐れがあるとのシミュレーション結果を、国際研究チームが20日までに、保全生物学の専門誌「ダイバーシティ・アンド・ディストリビューションズ」に発表した。

 温暖化の影響を緩和できた場合でも8割以上が消失するという。シミュレーションをした国際チームは、保護区拡大など積極的な保全策が必要だと訴えている。

 国際チームは、気温と降雨パターンの変化に農地拡大や鉱物資源開発の影響などを加味し、生息地域の増減を分析した。