モデルナ製、5千万回分の追加供給で合意

 

 武田薬品工業は20日、厚生労働省と米モデルナ社との間で、モデルナ製の新型コロナウイルスワクチン5千万回分を日本で追加供給することに合意したと発表した。早ければ2022年初めから輸入する。21年分と合わせて計1億回分となる。