ホッケー男子日本代表、英国破る 格上に練習試合で3―1で勝利

 

 東京五輪のホッケー男子日本代表は20日、東京・大井ホッケー競技場のウオームアップ・ピッチで英国と練習試合を行い、3―1で勝った。第3クオーターまでの変則方式で実施され、日本は格上相手にペナルティーコーナー(PC)で3点を奪った。

 18日にチーム内に発熱者が出たが、19日の新型コロナウイルスのPCR検査で陰性となり、この日は全選手がピッチに姿を見せた。主将の山下は「最初はびっくりしたが、落ち着いてホッケーの準備に集中することでうまく対応できた」と話した。MF田中世は「攻められることも多かったが、PCが決まったのはチームの自信になる」と収穫を語った。