上半期の輸出、23%増 コロナ前の水準突破

 

 財務省が21日発表した貿易統計(速報、通関ベース)によると、2021年上半期(1~6月)の輸出は前年同期比23・2%増の39兆8573億円だった。世界経済の回復を受け、新型コロナウイルス感染拡大前の19年上半期の水準を突破した。伸び率は10年上半期(37・9%)以来、11年ぶりの高水準となった。

 輸入は12・2%増の38兆8723億円となった。輸出から輸入を差し引いた貿易収支は9850億円の黒字だった。暦年半期ベースでは20年下半期(7~12月)に続き2期連続の黒字。上半期としては3年ぶりの黒字となった。