画家・山下清が描いた64年大会 五輪控え都に寄贈、展示へ

 
 東京都に寄贈された、1964年の東京五輪開会式を描いた山下清の水彩画「日本、しっかり」

 放浪の画家山下清が1964年の東京五輪開会式で入場行進に臨む日本選手団を描いた水彩画が21日、東京都に寄贈された。「日本、しっかり」と題した縦17センチ、横35センチの作品。都は23日の今大会開幕に合わせて都庁第1本庁舎2階に展示し、一般に公開する。

 作品は旧国立競技場で日の丸を掲げる旗手を先頭に、選手団が紅白の服で行進する構図。右下に山下清の署名がある。

 所有していたのは高岡徽章綬製作所(台東区)の高岡忠司会長(83)。今回の東京五輪・パラリンピック開幕への祝意を込め、小池百合子知事を訪問して寄贈した。