都心の歩道にタクシー、女性死亡

 
 歩行者らが死傷する事故を起こしたタクシーの表示灯に示された「SOS」=11日午後5時29分、東京都千代田区

 11日午後4時20分ごろ、東京都千代田区九段南1丁目の同区役所近くで、タクシーが車道の自転車や歩道にいた人を次々とはねた。警視庁麹町署や東京消防庁によると、歩行者の品川区の職業不詳小林久美子さん(73)が死亡し、運転手が意識不明の重体。ほかに乗客の30代男性が重傷で、女児(9)ら男女3人が軽傷を負った。

 署によると、重体となっているのはタクシーの山本斉運転手(64)で、署は自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで捜査。タクシーは、表示灯が緊急時の「SOS」の状態で停車していた。署は体調に異変が生じた可能性もあるとみて、事故の経緯を詳しく調べている。