カープ観戦チケットで詐欺容疑 広島国税局の職員逮捕

 
 広島カープの開幕戦が行われたマツダスタジアム=3月、広島市

 広島県警呉署は13日、SNSにプロ野球広島カープの観戦チケットを譲渡するとうその書き込みをし、連絡してきた相手から電子マネーカード1万6千円分をだまし取ったとして、詐欺容疑で広島市東区の広島国税局職員高塚未来容疑者(25)を逮捕した。

 逮捕容疑は4月15~17日、チケットを持っていないにもかかわらず、SNSにチケットを譲ると書き込み、購入を申し込んだ呉市の女性に、2回にわたって4枚分の料金1万6千円分に当たる電子マネーカードの番号をSNSで送らせ、カードの利用権をだまし取った疑い。

 高塚容疑者は呉署の調べに「詐欺をするつもりはなかった」と否認している。