大阪、紛失の居住者名簿発見 情報悪用確認されず

 

 大阪府警中堺署は13日、同署地域課の男性巡査(21)が12日に紛失した居住者名簿が見つかったと明らかにした。名簿には管内に住む465人分の住所や氏名、電話番号などの個人情報が記載されていたが、悪用は確認されていない。

 署によると12日午後、堺市中区の中学校正門前の道路で男性教諭(28)が見つけた。同僚の所持品と思ってかばんに入れて帰宅し、13日に中学に持参。報道されている紛失名簿ではないかと同僚が指摘し、学校側から署に連絡があった。

 名簿は詐欺事件などの捜査で押収した資料にあった名前などをまとめたもの。巡査は名簿を基に各世帯を回って防犯指導をしていた。