菅首相外交、訪米会合で総決算 野党「卒業旅行」と批判

 
 菅義偉首相

 菅義偉首相は米ワシントンで24日に開かれる日米とオーストラリア、インドの4カ国の首脳による初の対面式会合に出席する。新型コロナウイルス対策や軍事力を高める中国への対応で連携を確認し「菅外交」の総決算としたい考えだ。野党は退任直前の外国訪問に「花道と言うよりも卒業旅行だ」(立憲民主党幹部)と批判を強めている。

 首脳会合の開催は、対中強硬姿勢のバイデン米政権の意向。首相は近く退任するものの、米側の招待を尊重し、日米関係や4カ国の連携強化に応じることが有益だと判断した。バイデン大統領らとの関係構築が自身の退任後の影響力保持につながるとの思惑も透ける。