池袋暴走事故、90歳被告が控訴しない方針

 

 東京・池袋の乗用車暴走事故で、自動車運転処罰法違反罪で禁錮5年の判決を受けた旧通産省幹部の飯塚幸三被告(90)が控訴しない方針を固めたことが15日、分かった。検察側は控訴しないとみられ、実刑判決が確定する見通し。