消費税率は当面触れないと首相

 

 岸田首相は衆院本会議で、消費税率5%への引き下げを求めた共産党の質問に対し「社会保障の財源として位置付けられており、当面触れることは考えていない」と述べた。