真鍋氏、バレー代表監督復帰へ 男子はブラン氏

 
 真鍋政義氏

 日本バレーボール協会が女子日本代表次期監督として、2012年ロンドン五輪銅メダルに導いた真鍋政義氏(58)に就任要請する方針を固めたことが12日、関係者への取材で分かった。就任すれば16年以来の復帰となる。男子監督は東京五輪コーチで29年ぶりの8強に貢献したフランス人のフィリップ・ブラン氏(61)の昇格が確実となった。14日の同協会理事会で正式に決まる。

 大商大出身の真鍋氏はセッターとして1988年ソウル五輪出場。Vリーグ男子の新日鉄(現堺)、女子の久光製薬(現久光)を率いた後、2009年に女子代表監督就任。10年世界選手権3位などの実績を残した。