京王線刺傷事件、男を再逮捕 複数の乗客殺人未遂の疑い

 
 服部恭太容疑者=2日

 東京都調布市を走行していた京王線特急の乗客刺傷事件で、車内でライターオイルをまいて火を付け、複数の乗客を殺害しようとしたとして、警視庁調布署捜査本部は22日、殺人未遂と現住建造物等放火の疑いで住所不定、無職服部恭太容疑者(25)を再逮捕した。

 捜査本部によると「死刑になるために有効かつ効率的な手段で、多くの人を惨殺する計画を実行した」と供述している。

 再逮捕容疑は10月31日午後7時55分ごろ、ペットボトルに入れたオイルを車内でまいて火を付け、女性(60)ら複数の乗客を殺害しようとした疑い。床やシートが燃えたが、燃え移るなどの被害はなかった。