3カ月予報、日本海側で雪多く 東・西日本は気温低め

 

 気象庁は24日、12月~来年2月の3カ月予報を発表した。日本海側の降雪量は東日本で平年並みか多く、西日本は多い。気温は北日本で平年並みか高い一方、ラニーニャ現象で寒気の影響を受けやすいため東日本は平年並みか低く、西日本と沖縄・奄美は低くなる。

 降水量は北日本の太平洋側、東・西日本の日本海側で平年並みか多く、東日本の太平洋側では平年並みか少ない。西日本の太平洋側と沖縄・奄美は少ない。