首相、保育の現場で車座 待遇改善へ「本気度」示す

 
 園児が遊ぶ様子を視察する岸田首相(奥左から3人目)=25日午前、東京都新宿区(代表撮影)

 岸田文雄首相は25日、保育の現場に関する課題把握のため、東京都新宿区の保育園を訪れた。園児と交流し、保育士らと車座で意見交換。政府主導で賃上げを決めた保育士の待遇改善に「本気度」を示し、民間へと波及させる狙いがあるとみられる。新型コロナウイルスの感染防止対策をはじめとする現場の声も政策に反映させたい考えだ。

 意見交換で首相は、保育士について「子どもたちの健やかな未来を考える上で重要な仕事だ。政治の立場から皆さんが生き生きと活躍できる環境をつくっていかなければならない」と述べ、待遇改善への意欲を示した。