ジャンプW杯団体、日本は2位 第2戦、オーストリアV

 
 W杯ジャンプ男子団体第2戦で2位となった日本の(左上から時計回りに)小林潤志郎、小林陵侑、佐藤慧一、佐藤幸椰=ビショフスホーフェン(共同)

 【ビショフスホーフェン(オーストリア)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は9日、オーストリアのビショフスホーフェンで団体第2戦(ヒルサイズ=HS142メートル)が行われ、佐藤幸椰、佐藤慧一、小林潤志郎(以上雪印メグミルク)小林陵侑(土屋ホーム)の日本は合計1006・4点で2位となった。

 団体の表彰台は昨年3月以来で、今季初。日本は2番手の佐藤慧が130・5メートル、131メートルと奮闘。エースで4番手の小林陵も136・5メートル、133・5メートルを飛び、1回目の3位から順位を上げた。オーストリアが1015・5点で優勝した。