ASEAN、外相会議を延期 ミャンマー情勢対応が影響か

 

 【プノンペン共同】東南アジア諸国連合(ASEAN)議長国のカンボジアは12日、北西部シエムレアプで18~19日に対面形式で開催予定の外相会議を延期すると発表。国軍によるクーデター後の混乱が収まらないミャンマー情勢への対応を巡る見解の違いが影響した可能性もある。

 発表は「多くの外相がカンボジアを訪れるのが難しくなったため」としているが、詳細には触れていない。延期後の日程も不明。議長国が年初に交代後、各国外相が初顔合わせをする重要な定例会議が直前に日程変更されるのは異例。

 カンボジアのフン・セン首相は今月7~8日にミャンマーを自ら訪問し国軍トップと会談した。