作家の早乙女勝元氏が死去 東京大空襲資料館の名誉館長

 
 早乙女勝元氏

 12歳で経験した太平洋戦争末期の東京大空襲の被害をまとめ、多くの著書を発表した東京大空襲・戦災資料センター(東京都江東区)名誉館長で作家の早乙女勝元(さおとめ・かつもと)氏が10日、老衰のため埼玉県内の病院で死去した。90歳。東京都出身。

 約10万人が亡くなったとされる1945年3月10日の東京大空襲を経験。70年につくられた「東京空襲を記録する会」の中心として、被害の記録や記憶を後世に残そうと、人々の体験談や公の被害記録などを「東京大空襲・戦災誌」5巻にまとめた。

 2002年に開館した東京大空襲・戦災資料センターの館長を17年にわたり務めた。