フィンランド首相「近く決断」 NATO加盟申請

 
 東京都内で開かれたセミナーで講演するフィンランドのマリン首相(右)=11日午前

 北欧フィンランドのマリン首相は11日、東京都内で開かれたセミナーで講演し、同国の北大西洋条約機構(NATO)加盟申請を「近く決断する」と述べた。「ロシアによるウクライナ侵攻で安全保障環境は変化した」と強調。侵攻の影響を見極めていると説明した。

 フィンランドはロシアと約1300キロの国境を接し、NATO加盟支持の世論が急拡大している。同様に軍事的中立を維持してきた隣国スウェーデンも加盟申請の是非を検討。6月にも申請する可能性がある。

 マリン氏は岸田文雄首相と会談する予定。