中国、WHO発言に反発 批判を懸念し情報統制

 
 記者会見する中国外務省の趙立堅副報道局長=11日、北京(共同)

 【北京共同】中国外務省の趙立堅副報道局長は11日の記者会見で、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が中国に新型コロナウイルス感染の徹底封じ込めを目指す「ゼロコロナ」政策の転換を勧めたことに関し、「無責任な言論を発表しないよう望む」と反発した。「中国はコロナ対策で最も成功した国の一つだ」とも強調した。

 中国のインターネット上では11日、テドロス氏の発言の動画が「規定違反」として削除されたり、関連情報の転送が制限されたりした。習近平指導部は最近、中国の対策を「疑い、否定する言動」を許さないと言明している。