岩手のエミューから鳥インフル、殺処分開始

 

 岩手県は12日、一関市の施設で高病原性とみられる鳥インフルエンザが確認されたと発表した。飼育する大型のエミューの陽性が遺伝子検査で判明、計10羽の殺処分を始めた。