北方領土国後島に女性遺体

 
 北海道・知床半島、国後島、観光船沈没現場

 第1管区海上保安本部(小樽)は13日、ロシアが実効支配する北方領土・国後島の海岸で女性の遺体が見つかったことを明らかにした。北海道・知床半島沖で沈没した観光船「KAZU 1(カズワン)」の乗客の可能性もあるとみて情報収集に努めている。14人が死亡、12人が行方不明となった事故は発生から20日。不明者発見となれば、4月28日以来となる。

 1管によると、女性の遺体は6日に国後島西岸で見つかった。身元判明につながる所持品はない。遺体は島内の病院に運ばれた。ロシア側から連絡があったという。

 1管は13日、道警による沿岸部の捜索範囲が拡大されると発表した。