酒気帯び運転疑いで米兵逮捕 那覇署

 

 沖縄県警那覇署は15日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、米陸軍トリイ通信施設(同県読谷村)所属の特技兵スティーブン・ウィリアムス容疑者(23)を現行犯逮捕した。「飲んでから時間が経過しており、大丈夫だと思った」と容疑を一部否認している。

 逮捕容疑は15日午前6時15分ごろ、那覇市港町2丁目の市道で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転した疑い。

 署によると、パトロール中の警察官が左側に寄って走行する車を不審に感じて職務質問し、呼気から基準値を超えるアルコールを検出した。