同性婚認めぬ規定は「合憲」

 
 同性婚を巡る訴訟の判決後、「次は大阪高裁!」と書かれた紙を掲げる原告側の弁護士=20日午後、大阪地裁前

 同性婚を認めていない民法や戸籍法の諸規定は、「婚姻の自由」を保障する憲法24条や、法の下の平等を定める憲法14条に違反するとして愛知、京都、香川の3府県の30~50代の同性カップル3組6人が国に1人100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁(土井文美裁判長)は20日、いずれも「合憲」と判断、国の責任を認めず、賠償請求を棄却した。原告側は控訴する方針。

 全国5地裁の同種訴訟で判決は2件目。昨年3月の札幌地裁は憲法14条に違反するとの初判断を示した。

 大阪地裁判決は同性カップルを対象に婚姻に類似する法的承認の制度を「創設することも可能だ」と言及した。