クラスでも無視や仲間外れ 旭川中2凍死、調査で判明

 

 北海道旭川市で昨年3月、凍死した状態で見つかった中学2年広瀬爽彩さん=当時(14)=がいじめを受けていた問題で、事実関係を調べる第三者委員会が行った児童生徒へのアンケートで、広瀬さんがクラス内で無視や仲間外れなどの対象になっていたとの回答があったことが20日、関係者への取材で分かった。

 第三者委がまとめた中間報告は性的動画の送信要求など、広瀬さんが通っていた中学や他校の先輩7人が校外で行った6項目をいじめと認定したが、校内でも「いじめ」を疑われる内容があったことが明らかになった。