告発の特捜検事2人を不起訴

 
 大阪地検が入る合同庁舎=2019年、大阪市

 大阪府熊取町の学校法人明浄学院を巡る業務上横領事件で、関係者に違法な取り調べをしたとして、証人威迫の疑いなどで告発されていた当時大阪地検特捜部の男性検事2人について、地検刑事部は21日、不起訴(嫌疑不十分)とした。適正な取り調べの限度を超えて威迫したとまでは言えないと判断したもようだ。

 事件で無罪が確定した東証スタンダード上場の不動産会社「プレサンスコーポレーション」(大阪市)の山岸忍前社長(59)が最高検に告発状を提出し、大阪地検が5月に受理した。山岸氏は「膨大な(取り調べの)録音録画があるのに、これほど短い時間で捜査できるはずがない」とコメントした。