サウジ皇太子、トルコ訪問 関係修復、記者殺害事件は幕引き

 
 22日、トルコ首都アンカラで、サウジアラビアのムハンマド皇太子(左)と握手するエルドアン大統領(ロイター=共同)

 【イスタンブール共同】サウジアラビアの実力者ムハンマド・ビン・サルマン皇太子は22日、トルコの首都アンカラを訪問した。エルドアン大統領と会談し、経済分野で連携を図る。2018年にトルコ・イスタンブールで起きたサウジ人記者殺害事件で悪化していた両国関係の修復と、事件の幕引きをアピールする狙いがありそうだ。

 事件後、ムハンマド氏のトルコ訪問は初めて。インフレの加速や通貨下落に苦しむトルコの経済再生は、来年に大統領選を控えるエルドアン氏の課題で、サウジなど湾岸諸国から財政支援を得たい思惑がある。

 ムハンマド氏は事件への関与が指摘され、権威が傷ついた。