東京インテリアに立ち入り検査 優越的地位の乱用疑い、公取委

 

 公正取引委員会は23日、納入業者に対して従業員を無償で派遣させたり、不当な費用負担を求めたりしたとして、独禁法違反(優越的地位の乱用)の疑いで、家具販売大手の「東京インテリア家具」(本社・東京)を立ち入り検査した。関係者への取材で分かった。

 関係者によると、公取委は栃木県鹿沼市の同社本部などに立ち入り検査。数年前から新規出店の際に、家具メーカーや卸売業者に対して、商品陳列などの作業のため無償で従業員を派遣するよう求めたり、セール時に納入業者から「協賛金」を徴収して費用負担させたりした疑いが持たれている。同社は「公取委の調査に協力していく」とコメントした。