関電旧経営陣「起訴相当」と議決

 
 八木誠氏

 関西電力の金品受領や報酬補填の問題を巡り、会社法違反(特別背任)などの疑いで告発され嫌疑不十分で不起訴処分となった旧経営陣について、大阪第2検察審査会は1日、役員の報酬補填問題に関して八木誠前会長(72)と森詳介元会長(81)を「起訴相当」と議決したと明らかにした。金品受領は他の旧経営陣2人を「不起訴不当」とした。7月7日付。大阪地検特捜部が再捜査する。

 金品受領行為に絡む役員個人の追加納税分を関電が負担する方針を決めた業務上横領と特別背任の疑いでは、八木氏と森氏に加え、岩根茂樹元社長(69)も「起訴相当」と議決した。