中絶の権利擁護派が勝利、米国

 
 カンザス州での住民投票で、人工妊娠中絶の権利「削除」を促すプラカードを路上に掲げる保守派=1日、カンザス州オレイサ(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】米中西部カンザス州で2日、人工妊娠中絶の権利を認めた州憲法の規定を削除するかどうかを問う住民投票が行われ、削除反対が過半数を占め中絶の権利擁護派が勝利した。連邦最高裁が6月、人工妊娠中絶の権利を認める判決を覆してから、州単位の住民投票は初めて。米メディアが伝えた。

 投票では、中絶に反対する保守派と賛成の市民団体などが大々的なキャンペーンを展開。今秋の中間選挙をにらみ、中絶をめぐる米国民の意識を探る試金石ともなった。

 最高裁の判断以降、これまで全米の12を超す州で中絶禁止や規制強化が行われている。