新人議員「緊張感持って」初登院 臨時国会召集で意気込み

 
 国会で登院板のボタンを押す立憲民主党の辻元清美参院議員=3日午前8時56分

 参院選後初の臨時国会が3日召集され、当選した新人議員らが初登院した。「期待感じる」「緊張感を持って」。午前中から夏本番の強い日差しが照りつける中、それぞれの意気込みを語った。

 昨年の衆院選で落選し、初めて参院議員となった立憲民主党の辻元清美氏=比例=は、初心に戻るため白いスニーカーで登場。「ピカピカの小学1年の気持ち。雑巾がけと即戦力の両方の役目を果たしたい」と述べた。

 漫画「ラブひな」などのヒット作で知られ、比例代表の当選者で個人名票最多となった自民党の赤松健氏は、スーツ姿で登院。「漫画家初の国会議員として、表現の自由を守るため活動したい」と語った。