原発処理水放出で風評対策を要望

 
 萩生田経産相(中央右)に要望書を渡した福島県の内堀雅雄知事(同左)ら=3日午前、経産省

 東京電力福島第1原発(福島県大熊町、双葉町)の処理水海洋放出を巡り、福島県の内堀雅雄知事と吉田淳大熊町長、伊沢史朗双葉町長が3日、経済産業省を訪れ、萩生田光一経産相に風評被害を防ぐための正確な情報発信などを要望した。

 内堀知事は「いまだに新たな風評被害への懸念など、さまざまな意見があり、国民、県民の十分な理解が得られていない」と指摘。吉田町長も「風評で被災地がこれ以上苦しむことがないようにしてほしい」とし、国が前面に立ち、徹底的に対策を取るよう求めた。

 萩生田氏は「国内外へ、科学的根拠に基づいた情報を届けていく」と応じた。