吉川氏への辞職勧告案を再提出 立民、18歳と飲酒報道巡り

 

 立憲民主党は3日、18歳の女子学生に飲酒させたと週刊誌に報じられ、自民党を離党した吉川赳衆院議員=比例東海=に対する辞職勧告決議案を衆院に提出した。衆院議院運営委員会は理事会で、決議案を本会議で採決するかどうか協議。自民から「議員の身分は重いので慎重に扱うべきだ」との意見が出たため、結論を持ち越した。

 提出は6月に続き2回目。前回は自民が採決に反対し、廃案となった。立民側は「国民の信を失った。議員の地位にとどまる資格はない」と批判を強めている。

 吉川氏は7月、自身のブログで報道に疑義があり週刊誌を提訴するとの意向を示し、当面は辞職しないと表明した。