厚木2児死亡、放置隠し虚偽説明 「知人男性に迷惑かかると思い」

 
 送検のため神奈川県警小田原署を出る長沢麗奈容疑者=3日午前9時15分

 神奈川県厚木市で車内に長男(1)を放置したとして逮捕された無職長沢麗奈容疑者(21)が、知人男性宅の駐車場に止めた車内で長男と長女(2)が衰弱しているのに気付き「知人男性に迷惑がかかると思った」と供述していることが3日、捜査関係者への取材で分かった。逮捕前の聴取に「公園の駐車場に止め、車内で子どもと一緒にいた」と虚偽の説明をしており、県警は放置を隠す意図があったとみている。

 長男は7月29日、熱中症の疑いで死亡。8月2日に亡くなった長女の死因は熱中症に伴う多臓器不全と分かり、県警は保護責任者遺棄致死容疑でも調べている。