認可外保育施設の乳児死亡 那覇「息してない」と通報

 
 認可外保育施設「緑のすず乃保育園」が入る建物=3日午後、那覇市

 那覇市は3日、市内の認可外保育施設「緑のすず乃保育園」で7月、生後3カ月の男児が心肺停止状態になり、搬送先の病院で死亡したと発表した。沖縄県警は死因の他、園の安全管理に問題がなかったか調べている。

 市消防局によると、7月30日午後0時半ごろ、母親が迎えに来た際、男児はぐったりしており、園関係者が「息をしていない」と通報した。目立った外傷はなかったが、消防の到着時には既に心肺停止だったという。