ロシア大使が広島で献花 「核兵器削減」と主張

 
 原爆慰霊碑に献花後、取材に応じるガルージン駐日ロシア大使(右端)=4日午前、広島市の平和記念公園

 広島市を訪問しているガルージン駐日ロシア大使が4日、平和記念公園の原爆慰霊碑に献花した。報道陣に対し、広島で核兵器を実際に使った米国を念頭に「ロシアの核兵器削減への積極的な態度を表すために来た」と語った。

 広島市は今年、原爆の日の6日に開く平和記念式典に、ウクライナ侵攻を理由にロシアを招待しなかった。ガルージン氏は「ロシアが核軍縮のリーダーであることを無視した決定だ」と非難した。