石川で2人低体温症

 
 川沿いの道路が崩落した、石川県小松市中ノ峠町の現場=5日午前

 大雨の影響で石川、福井両県でも床上浸水や床下浸水、土砂崩れなどの被害が出た。石川県小松市では、泥水に漬かっていたとみられる2人が低体温症になった。市などが状況を調べている。福井県は、南越前町で一部集落が孤立状態となったため、陸上自衛隊に災害派遣を要請した。

 一方、石川県の馳浩知事は公務で訪れていた白山(白山市)を下山後に身動きが取れなくなったことについて「災害対策本部長が県庁にいなかった点に、県民が不安を感じた可能性があると思っている」と釈明した。今後、災害対応に与えた影響を検証する考えを示した。