被爆者、首相へ「核廃絶の先頭に」と要望

 

 広島の被爆者団体の代表らは、広島市で岸田文雄首相と面会し「核兵器禁止条約を批准し、核廃絶の先頭に立ってほしい」と要望した。首相は「条約は核兵器のない世界への出口に当たる」と述べ、即時に批准する考えは示さなかった。