日本盛が不正アクセス被害 ランサムウエア攻撃か

 

 日本盛(兵庫県西宮市)は20日、管理運用するサーバーが第三者による不正アクセスを受け、社内システムに障害が発生したと発表した。原因や被害状況は調査中だが、身代金要求型コンピューターウイルス「ランサムウエア」によるサイバー攻撃の可能性があるという。

 18日に障害を確認し、サーバーを遮断するなどの対応を実施した後、翌19日に兵庫県警に届け出た。取引先とやりとりする受発注システムや、通販ショップのホームページなどに影響が出た。個人情報漏えいの有無については確認中としている。