米大使館前で火薬所持疑い 大阪の26歳大学生男逮捕

 

 8月に東京都港区の米国大使館前で手製とみられる火薬を所持したとして、警視庁公安部は20日、火薬類取締法違反容疑で大阪府吹田市、大学生小山尚吾容疑者(26)を逮捕した。捜査関係者によると、逮捕前の任意の事情聴取に「インターネットで火薬の作り方を学び、大使館に投げ入れるために来た」と話していた。

 逮捕容疑は8月8日午後9時ごろ、大使館前の路上で、布状の物に包まれたコップに火薬約160グラムを入れ、ポケットの中に所持した疑い。

 公安部は、特定の組織などに所属しない「ローンウルフ(一匹おおかみ)」型とみて動機や火薬の入手経緯を調べる。