自民・村上誠一郎氏、国葬欠席へ 異例、決定過程を問題視

 
 自民党の村上誠一郎元行革相

 自民党の村上誠一郎元行政改革担当相が、27日に実施される安倍晋三元首相の国葬を欠席することが分かった。国葬決定に至る過程を問題視した。村上氏の事務所が21日、共同通信の取材に明らかにした。政府が閣議決定した国葬に与党議員が欠席するのは異例だ。

 事務所は「国葬を決定する経緯にいろいろな問題があるので欠席する」との村上氏のコメントを公表した。政府から届いた招待状に、既に欠席すると返送したという。

 国葬を巡っては、立憲民主党が執行役員の欠席を決めたのに対し、最高顧問の野田佳彦元首相が参列する意向を表明し、党内で対応が割れた。