マッハ号で交通安全をPR、群馬 県警、昔憧れた「夢の車」で

 
 秋の全国交通安全運動の一環で、前橋市内をパトロールする「マッハ号」=21日午前

 群馬県警前橋署は21日、1960年代のテレビアニメ「マッハGoGoGo」の主人公が乗る「マッハ号」を再現した車とともに前橋市内をパトロールし、交通安全を呼びかけた。県警の担当者は「昔憧れた『夢の車』の実写版を通じて、事故の当事者になりやすい世代にアピールしたい」と意気込んだ。

 マッハ号を再現したのは前橋市の自動車整備工場「福田モータース」を営む福田博之さん(57)。国産車をベースに15年かけてボディーを手作りし、公道を走行できるようナンバープレートも取得した。

 アニメのテーマソングが流れる中、マッハ号は午前10時ごろ出発。沿道からカメラを向ける人もいた。