スマホ単体の価格明示を 総務省会議、大手に要求

 
 総務省の看板

 総務省の有識者会議は21日、携帯電話大手と販売代理店に対し、スマートフォンを単体で売る場合の価格を明示するよう求める報告書をまとめた。客がスマホの回線契約を結ばなくても端末を割引価格で買えるのに、回線とセットで購入した時だけ大幅な割引を受けられると誤解しないようにする狙いがある。総務省は報告書の内容に沿い、価格表示の詳しい方法を詰める。

 今の法令では、端末購入と回線契約をセットにする時の割引は、税込みで2万2千円までに制限されている。一方、回線契約の有無に関係のない割引に制限はない。二つの割引を組み合わせることで「一括1円」のような売り方もできる。