90代入所者の頭部にポリ袋 殺人未遂の疑い介護職員を逮捕

 

 福井県警は21日、老人介護施設に入所する90代男性の頭部にポリ袋をかぶせて殺害しようとしたとして殺人未遂の疑いで、この施設の介護職員松村幸範容疑者(40)=同県勝山市=を逮捕した。

 逮捕容疑は21日午前1時15分ごろ、同県永平寺町内の介護施設で、男性の頭部にポリ袋を覆いかぶせて殺害しようとした疑い。男性にけがはなかった。県警によると、容疑を認めている。

 深夜勤務中の別の職員が、男性の部屋からの警備システム通知に気付き、確認したところ、松村容疑者と袋をかぶった状態の男性を見つけた。松村容疑者はその後立ち去ったという。